秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    ペガスス座のエッジオン銀河NGC7814

     ペガスス座のエッジオン銀河NGC7814は、地球から4000万光年の距離にあるエッジオンの渦巻銀河で、その直径は6万光年あります。
     NGC7814は、ソンブレロ銀河(Sombrero Galaxy)という呼称で有名なエッジオン銀河のM104に良く似ていることから、リトル・ソンブレロ銀河(Little Sombrero Galaxy)とも呼ばれています。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    NGC7814crawford2048 (1280x1025)

    NGC7814crawford2048b.jpg



    スポンサーサイト
    1. 2013/10/25(金) 17:22:33|
    2. 銀河・宇宙
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ケフェウス座の散光星雲Sharpless2-155

    天の川の中にあるケフェウス座の散光星雲シャープレス2-155(Sharpless2-155)は、地球から2400光年の距離にあり、差し渡しの大きさは10光年あります。
     シャープレス2-155の中には、暗黒星雲や星の形成領域や新しく誕生した青い星を見ることが出来ます。シャープレス2-155は、洞窟星雲(The Cave Nebula)とも呼ばれています。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    CaveFinalWalker2048 (900x898)



    1. 2013/10/20(日) 11:06:00|
    2. 宇宙・星雲・星団
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    南北アメリカ大陸に生息する有袋類オポッサム

     南アメリカ大陸を中心に北アメリカ大陸にも生息するオポッサム(opossum)は、有袋類でフクロネズミまたはコモリネズミとも呼ばれています。オポッサムは、60種類以上の種類があります。
     写真のオポッサムは、キタオポッサムと呼ばれる種類で、体長は35~55cm、それに尾長が25~55cmあり、成獣の体重は1.0~2.5kg程です。キタオポッサムは、雑食性で草や木の実からネズミや小鳥、昆虫も捕食します。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:cosmicsailors,Sharon Richards,Adam Sinkula

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    5511807079_a6bc699b16_cosmicsailor.jpg

    4373235429_ef9614c1cc_cosmicsailor.jpg

    6833416100_ded56555dc_cosmicsailor.jpg














    1. 2013/10/17(木) 16:41:50|
    2. 生物
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた最深宇宙の姿を見せるAbell383

     写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたくじら座の方向にある銀河団Abell383の神秘的な姿です。写真中央付近に点在する数多くの銀河が、Abell383に所属する銀河です。
     Abell383に所属する銀河や銀河間に存在するブラックマターの重力による重力レンズ効果によって、地球から数十億光年の距離にあるこの銀河団のさらに遠くにある銀河が、光が増幅されて中心部上方にかすかに映し出されています。これらの遠方の銀河は、約127億光年離れた所にあると考えられています。
     なお、右上の明るい星は、我々の住む天の川銀河に所属する恒星です。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    heic1106a small




    1. 2013/10/07(月) 17:14:42|
    2. 銀河・宇宙
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたとも座の惑星状星雲NGC2452

     とも座の方向にある惑星状星雲NGC2452は、1847年に天文学者のジョン・ハーシェル(Jhon Herschel)によって最初に発見されました。
     写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたNGC2452の美しい姿です。NGC2452は、太陽くらいの大きさの星がその最期を迎え、星の外層部を放出した跡の姿で、中心には星の核部分が白色矮星となって、高速で回転しています。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    potw1339a.jpg


    1. 2013/10/04(金) 14:51:44|
    2. 宇宙・星雲・星団
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    shibamatax

    09 | 2013/10 | 11
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search