秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    南天の美しい大マゼラン雲

     南天の空を飾る大マゼラン雲は、我々の住む天の川銀河の最大の伴銀河(Satellite Galaxy)で、かじき座の中にあります。
     大マゼラン雲は、地球から16万光年の距離にあり、長径は15000光年あります。
     大マゼラン雲の中には多くの星雲があり、また、超新星も数多く生まれています。写真中央の左にあるタランチュラ星雲は、直径が1000光年もある巨大な星雲で、この中では多くの星が生まれています。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    lmc_comolli_1024 (640x630)

    lmc_comolli_annotated_1024 (640x630)



    スポンサーサイト
    1. 2013/05/30(木) 15:59:49|
    2. 銀河・宇宙
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリーが捉えたXクラスの太陽フレアー

     NASAによって2010年2月11日に打上げられた太陽観測衛星ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー(Solar Dynamics Observatory)は、2013年になって初めて発生したXクラスの太陽フレアを捉えました。
     この巨大な太陽フレアは、AR1748と名付けられている黒点グループで発生しました。
     写真は、2013年5月13日から48時間内に発生した4つのXクラスの太陽フレアで、左上から時系列に時計回りに表示してあります。
     強烈な太陽フレアが出る時に生ずるコロナ大量放出(CMEs)は、1つ目めから3つ目まで地球の方向に向いていませんでしたが、4つ目の太陽フレアで発生したコロナ大量放出は地球の方向に放出され、5月18日にはこの強烈な太陽風が地球に達し、極地方ではオーロラが観測されました。
     
    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    748857main_FourXclass_Blend2fix1024.jpg




    1. 2013/05/24(金) 15:29:19|
    2. 太陽
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    アイスランドに出現した美しいオーロラ

     2013年は、太陽の活動周期の中で最も活発化している年で、強烈な太陽風というプラズマの流れが地球に来ているために極地方では、オーロラが頻繁に出現しています。
     写真は、アイスランド北部にに出現した美しいオーロラです。写真の中央下の美しい滝は、神の滝(Godafoss)と名付けられている滝です。オーロラの上方には、アーチ状に天の川が見えます。オーロラの中央左上にはアンドロメダ銀河(M31)が小さく見えます。
     写真は、2013年3月9日に撮影された4枚の画像を合成したものです。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    godafoss1600vetter.jpg



    1. 2013/05/20(月) 14:55:00|
    2. 地球
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ナミビアで撮影された美しいレモン彗星の姿

     レモン彗星(Comet Lemon)は、C/2012F6とも呼ばれています。レモン彗星は、2013年3月24日に近日点を通過し、現在は太陽系の端に向かって移動しています。
     写真は、2013年4月中旬にナミビアで撮影された複雑な形をした美しい尾を見せるレモン彗星です。彗星は通常二本の尾を持っていますが、レモン彗星は多くの尾を持っている珍しい彗星です。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    lemmon_rhemann_960 (800x618)



    1. 2013/05/12(日) 20:32:31|
    2. 彗星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた最新のオリオン座の馬頭星雲

     ハッブル宇宙望遠鏡は、赤外線カメラを使ってオリオン座の三ツ星の一つである2等星のアルニタクの近くにある暗黒星雲の馬頭星雲(Horsehead nebula)と散光星雲NGC2023を捉えました。
     写真は、ハッブル宇宙望遠鏡とチリにあるヨーロッパ南天天文台の口径4mの望遠鏡が捉えた画像の合成画像で、最新の馬頭星雲とNGC2023が鮮明に映し出されています。
     馬頭星雲は、地球から1500光年の距離にあります。
     NGC2023は、馬頭星雲の左下にある明るい星雲です。
     写真上の撮影範囲は、満月の直径の3分の2ほどで、左右の差し渡しは地球から1500光年の距離で10光年あります。
     写真下は、写真上の馬頭星雲のズームアップです。
    画像をクリックすると拡大します。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    HH-HST-ESO-gendler810.jpg


    horseheadir_hubble_960.jpg




    1. 2013/05/04(土) 16:30:02|
    2. 宇宙・星雲・星団
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    shibamatax

    04 | 2013/05 | 06
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search