秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた超最深宇宙の姿

     ハッブル宇宙望遠鏡は、過去にも最深宇宙の姿を捉えてきましたが、このたび最新機器を駆使してこれまでにない超最深宇宙の姿を捉えることに成功しました。
     写真は、ろ座の方向を捉えた超最深宇宙の姿で、5000個を超える銀河が捉えられています。今回の新たな撮影では、トータル23日間で100万秒を超える露出時間を使い2000枚の画像を得て、最も遠い銀河では132億光年彼方のかすかな光を捉えることが出来ました。これは人の目の100億倍の感度になります。
     写真下は、写真上の上部のズームアップです。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ
    人気ブログランキングへ


    heic1214ac.jpg

    heic1214a  b


    スポンサーサイト
    1. 2012/09/29(土) 15:28:22|
    2. 銀河・宇宙
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    小惑星探査機ドーンが捉えた小惑星ベスタの神秘的な姿

     2011年7月15日に小惑星ベスタ(Vesta)の周回軌道に載った小惑星探査機ドーン(Dawn)は、2012年9月にベスタを離れて太陽系最大である直径952kmの小惑星ケレス(ceres)に向かうためにイオンロッケトを点火しました。
     写真は、ドーンがベスタの周りを周回中に撮影した複数枚の画像を合成したものです。ベスタは太陽系の小惑星で2番目の大きさを持ち、長径530km、短径468kmあります。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    vestabehind_dawn_960.jpg


    1. 2012/09/21(金) 17:51:14|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    白鳥座のコクーン星雲IC5146と天の川の美しい星々

     白鳥座の方向にあるコクーン星雲(The Cocoon Nebula)(IC5146)は、地球から4000光年の距離にあります。コクーン星雲の差し渡しの大きさは、15光年ありその中では活発に星が生成されています。
     写真上は、撮影角2度でコクーン星雲をバックに美しい天の川の星々が写っています。
     写真下は、コクーン星雲のズームアップです。

    SOURCE:victorandcarrie ,Foto Martien
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    cocoonlarge1Neyer900.jpg

    cocoonlarge1Neyer.jpg


    1. 2012/09/13(木) 18:22:05|
    2. 宇宙・星雲・星団
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    南アメリカで最大のイヌ科の生物タテガミオオカミ

     タテガミオオカミ(Maned Wolf)は、南アメリカでは最大のイヌ科の生物で体長は123~132㎝、尾長は28~45㎝、体重は20~34㎏あります。
     アルゼンチン、パラグアイ、ブラジル、ペルー、ボリビアの草原や湿地帯に生息しているタテガミオオカミは、オオカミよりもキツネに近い種と考えられています。タテガミオオカミの習性は、多くのオオカミの仲間が集団で行動するのに対して、単独で行動します。また、タテガミオオカミは、小動物や昆虫などを捕食するだけではなく木の実などの植物も食して雑食性です。
     近年、開発による生息域の減少や狩猟などによって生息数が減少していますが、未だ絶滅危惧種には指定されていません。


    SOURCE:victorandcarrie ,Foto Martien
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    3168590662_edf790c8f8_b  victorandcarrie (800x600)

    5441274193_31dc89b132_o Foto Martien (800x640)

    1. 2012/09/11(火) 16:50:39|
    2. 生物
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    竜座の美しいキャッツ・アイ星雲NGC653

     竜座の方向にあるキャッツ・アイ星雲(NGC6543)は、地球から3000光年の距離にあるよく知られている惑星状星雲です。写真上の中央部分が猫の目に見えることからキャッツ・アイ星雲と名付けられました。
     キャッツ・アイ星雲の周りには淡い光のハローが外側に大きく広がっています。この淡いハローの差し渡しの大きさは5光年もあります。このハローの成因については、天文学者の中でも今日異論が色々あり、謎となっています。
     写真上は、キャッツ・アイ星雲とハローの全体象及び周辺の星や背景の星や銀河が移っています。キャッツ・アイ星雲の右下に見える遠くの大きな銀河は、5000万光年彼方にある渦巻型銀河(NGC6552)です。
    写真下は、写真上のキャッツ・アイ星雲とハローの部分のズームアップです。

     SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    CatsEyeGoldman (3)


    CatsEyeGoldman.jpg


    1. 2012/09/02(日) 16:16:22|
    2. 宇宙・星雲・星団
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    shibamatax

    08 | 2012/09 | 10
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search