秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    火星探査機マーズオデッセイが捉えた見事なダブルクレーター

     NASAによって2001年4月7日に打上げられた火星探査機マーズオデッセイ(Mars Odyssey)は、2001年10月23日に火星の周回軌道に載り、多くの観測等を行いました。
     写真は、マーズオデッセイが2005年5月に撮影した複数枚の画像を合成したもので、写真の撮影範囲は左右の差し渡しで13㎞です。
     写真のダブルクレーターは、巨大な隕石が火星に衝突する直前に2つに分裂し、同時に火星の地表に激突して出来たと考えられています。
     それは、二つのクレーターの間にあるクレーターの縁が直線状に盛り上がってることがその証拠と考えられています。


    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    odyssey20101208_PIA13660_dual_crater-br2.jpg


    スポンサーサイト
    1. 2012/06/28(木) 13:52:56|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    白鳥座のウォルフ・ライエ星と美しいリング状星雲

     白鳥座のウォルフ・ライエ星(Wolf-Rayet star:特殊なスペクトルを持つ青色巨星 )であるWR134は、太陽の20倍以上の質量を持つ青色巨星で、恒星の末期の姿を見せており、外層部が吹き飛ばされて巨大な美しいリング状星雲を作っています。
     WR134は、地球から6000光年の距離にあります。
     写真は、画面の左右の差し渡しが50光年あり、中心で青く光る恒星がWR134です。
     WR134の周りに淡い色でリング状星雲が出来ていますが、地球から見るこのリングの大きさは見かけ上満月と同じくらいあります。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    WR134WebGoldman900.jpg


    1. 2012/06/22(金) 17:54:21|
    2. 宇宙・星雲・星団
    3. | トラックバック:1
    4. | コメント:0

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたおとめ座の3つの銀河Arp274

     おとめ座の中にあるArp274は、3つの銀河が集まっている銀河グループを指しており、NGC5679とも呼ばれています。Arp274は、地球から4億光年離れたところにあります。写真の中央の大きな渦巻銀河と右側の渦巻銀河は、一部分が重なっているように見えますが、お互いの重力の影響が有るほどには近くはないと考えられています。
     写真の右側にある2つの明るい星は、我々の住む天の川銀河に所属する恒星です。
     写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたArp274の全体像です。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    324740main_tripletgalaxy_full (1024x819)




    1. 2012/06/17(日) 07:54:26|
    2. 銀河・宇宙
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    しし座の高速移動の偏光星CW LEO

     しし座の恒星CW LEO(CW Leonis)(IRC+10216)は、秒速91kmという高速で移動している変光星で、地球から450光年の距離にあります。
     写真は、遠紫外線と近紫外線で撮影されたもので、10nmの遠紫外線の観測ではCW LEOはしし座の中の星で最も明るい星となります。
     写真では、遠紫外線で撮影されたものは青色、近紫外線で撮影されたものは黄色に写っています。
     CW LEOは、太陽くらいの大きさの恒星の最期の姿で、巨星の炭素星(Carbon star)に分類されています。最期を迎えたCW LEOは、核の周りの塵やガスを放出しながら写真では、右側から左側に移動しています。放出されたガスや塵がバブルのように見えます。この宇宙バブルの大きさは直径2.7光年あります。


    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    tumblr_m48eltGe9G1qzyhb5o1_1280.jpg



    1. 2012/06/09(土) 10:31:01|
    2. 宇宙・星雲・星団
    3. | トラックバック:1
    4. | コメント:0

    マーズ・リコネッサンス・オービターが捉えた火星の美しい砂丘

     マーズ・リコネッサンス・オービターは、2011年11月29日に火星の南半球にあるノアキス大地(Noachis Terra)と呼ばれる所の衝突クレーターの中で美しい景色を見せる砂丘を撮影しました。これらの様々な形をした砂丘は、火星の地表で起きる強い風の影響で作られています。
     写真の撮影範囲は左右1㎞で、写真の色はコンピューター処理で強調されています。撮影場所は、火星の南緯42度、東経42度の地点です。
     写真下は、写真上の中央部のズームアップ画像です。なお、写真の色は擬似カラーですので、実際の色とは異なります。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    PIA15283 (2) (800x794)

    PIA15283 (2)









    1. 2012/06/05(火) 23:38:01|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:1
    4. | コメント:0

    shibamatax

    05 | 2012/06 | 07
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search