秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    宇宙から見たワシントンDCと114年ぶりのM5.8の地震

     アメリカ合衆国の西海岸側は、大地震を含め多くの地震が発生するところですが、東海岸側は地震は少なく大きな地震はほとんど発生しません。
     2011年8月23日13時51分に首都ワシントンDCから南西へ約130kmのところにある小さな町ミネラル(mineral)の近くを震源とするマグニチュード5.8の地震が起きました。この地震は45秒間も続き当地域としては一世紀ぶりの大きな地震でした。
     このクラスの地震がこの地域を襲ったのは、114年前の1897年に起きたマグニチュード5.9の地震で今回の地震はこれに次ぐ規模でした。この地震はバージニア地震と名付けられています。
     写真は、NASAの地球観測衛星テラが2004年11月7日に撮影したワシントンDCとその周辺の様子です。
     写真中は、ワシントンDCと震源地付近のズームアップです。
     写真下は、地震によって落ちたワシントンナショナル大聖堂のエンゼンル像です。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    6077171772_c4bf00c423_ob

    6077171772_c4bf00c423_oc.jpg

    MW-AM425_aug_ea_20110830152138_MG.jpg




    スポンサーサイト
    1. 2011/08/26(金) 15:46:00|
    2. 地球
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    南天のじょうぎ座の惑星状星雲Shapley1

     南天のじょうぎ座の方向にある惑星状星雲シャープレイ(Shapley1)は、太陽位の大きさの恒星が最期を迎えた姿を見せています。
     太陽位の恒星が老いて赤色巨星となり、その後外層部分が宇宙空間に放出されて、残された星の中心部分は白色矮星となって、白色矮星の周りに放出されたガスがドーナツ状のガス雲を作っています。
     写真は、ヨーロッパ南天文台(ESO)の大口径反射望遠鏡が捉えたものです。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:ESO
    「秘密の世界」へ

    shapley1_eso_1702.jpg



    1. 2011/08/19(金) 14:13:49|
    2. 宇宙・星雲・星団
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    長い耳を持つ山猫カラカル

     特徴的な長い耳を持つ山猫カラカル(Caracal)は、サハラ砂漠などの砂漠を除くアフリカ大陸全土とアラビア半島の一部、イラン、パキスタン、インド、バングラディシュ、アフガニスタンに生息しています。
     カラカルは、広く生息しているために絶滅危惧種に指定されてはいませんが、その生息数は減少しており、地域によっては絶滅の恐れがあります。
     カラカルは、中型犬くらいの大きさで体長60~90cm、尾長20~30cm、体重8~20kgあります。カラカルは、産まれた時から飼うと人に馴れることから、アフリカでは昔からペットや狩猟用に飼われています。長い耳とその上に生えている房毛も特徴的です。
     写真上は、タンザニアのセレンゲティ国立公園(Serengeti National Park)で撮影された野生のカラカルです。

    SOURCE:nickandmel2006,Einar G
    「秘密の世界」へ

    Caracal   nickandmel2006

    Caracal   Einar G








     
    1. 2011/08/12(金) 11:12:55|
    2. 生物
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    マーズ・リコネッサンス・オービターが捉えた火星の表面を流れた水の跡

     NASAの火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービターが捉えた火星のクレーターの斜面を調べた結果、クレーターの斜面を流れた水の跡が発見されました。
     このクレーターは、火星の南緯41.6度、東経202.3度に位置するニュートン・クレーター(Newton crater)と名付けられているもので、今回その斜面の冬と夏などの画像の比較から水の跡が発見されました。
     写真上は、火星の冬に撮影されたニュートン・クレーターの斜面です。
     写真中は、火星の夏に撮影された同じ場所の画像で、水の流れた後がよく分かります。火星の水には塩が含まれていいるために塩水が流れた跡と考えられています。
     このニュートン・クレーターが位置しているような陽のよく当たるクレーターの斜面では、夏になると地表の温度は摂氏27度くらいまで上がると考えられています。
     写真下は、火星の夏にワイドアングルで撮影されたニュートン・クレーターの一部です。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    20110801 003

    20110801 004

    marsstreaks_mro_1269.jpg

    1. 2011/08/05(金) 14:02:42|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    shibamatax

    07 | 2011/08 | 09
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search