秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    最新の太陽観測衛星SDOが捉えた太陽の表面の様子

     最新の太陽観測衛星SDO(Solar Dynamics Observatory)は、紫外線観測によって太陽の表面の様子を捉えました。
     写真は、2010年3月30日にSDOが撮影した太陽で、100万℃を越えるコロナと画面左上には地球が数十個も入ってしまうほどのループ状の巨大なプロミネンス(紅炎)を捉えています。
     太陽の球面の明るさの違いは表面温度の違いを表しており、明るい所ほど高温となっています。
     なお、画像の色は擬似カラーです。
     画像クリックで画面いっぱいに拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    SunSDOfulldisk.jpg



    スポンサーサイト
    1. 2010/04/28(水) 13:37:16|
    2. 太陽
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    高精細に捉えられた太陽のグラニュールとブライト・ポイント

     太陽の表面を見るとグラニュール(granule)と呼ばれている粒状斑が一面に詰まっています。このグラニュール一つの直径は平均1000kmもあります。
     グラニュール同士が接する所には、明るい小さな点ブライト・ポイント(Bright Point)が無数に見られます。これらのブライト・ポイントは、黒点と同様に太陽の磁力線の活動によって発生していると考えられていますが、黒点の活動とは連動はしていません。
     写真は、大西洋のカナリア諸島のラ・パルマ島にあるスウェーデンの最新の太陽観測望遠鏡によって2007年9月に高精細に撮影された太陽表面です。
     なお、画面左下の白い線は5000kmの長さを表しています。
     画像クリックで画面いっぱいに拡大します。

    SOURCE:ESA
    「秘密の世界」へ

    SOLmagbrightpoints_almeida.jpg



    1. 2010/04/23(金) 08:29:23|
    2. 太陽
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたしし座の棒渦巻銀河M66

     ハッブル宇宙望遠鏡は、しし座の方向にある棒渦巻銀河M66(NGC3627)を鮮明に捉えました。
     M66は、地球から3500万光年の距離にあり、その大きさは我々の銀河と同じ位で直径は10万光年あります。
     なお、M66とその近くにあるM65そしてNGC3628の3つの銀河は、レオ・トリプレット(Leo Triplet)と呼ばれています。
     写真下は、M66の核部分及び周辺部のズームアップ画像です。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    m66_hst_big.jpg

    m66_hst_big c


    1. 2010/04/15(木) 17:55:58|
    2. 銀河・宇宙
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    土星探査機カッシーニが捉えたミマスの鮮明な最新画像

     NASAの土星探査機カッシーニは、2010年3月に土星の大衛星の一つミマス(Mimas)にこれまでの探査機の中で最も近付きその美しい姿をこれまでになく鮮明に撮影しまた。
     ミマスは、土星の大衛星の中では直径390kmと小型ですが、土星に最も近い軌道(平均軌道半径185,600km)を運動しています。
     ミマスの中央に見える巨大なクレーターは、ハーシェル・クレーター(herschel Crater)で、その直径は130kmあります。なお、写真の色は擬似カラーです。
     写真下は、写真中の中央部のズームアップ画像です。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    Mimas b

    Mimas crator

    Mimas crator  c





    1. 2010/04/07(水) 15:54:32|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2

    カムチャッカ半島の噴煙を上げるシェヴェルチ火山

     シベリアのカムチャッカ半島には多くの活火山があります。写真は、2010年3月26日に地球観測衛星が捉えたカムチャッカ半島の噴煙を上げるシェヴェルチ火山(Sheveluch Volcano)です。山頂付近の赤色の部分は赤外線カメラが捉えた高温の場所で溶岩流や熱い火山岩などがある所です。
     写真は、上が北になっていますが、山頂の南側の茶色の箇所は火山灰が積もっているところです。
     シェヴェルチ火山は、北緯56.6度、東経161.3度に位置しています。
     写真下は、シェヴェルチ火山のズームアップ画像です。
     画像クリックで画面いっぱいに拡大します。

    SOURCE:NASA/GSFC/METI/ERSDAC/JAROS,
    and U.S./Japan ASTER Science Team

    「秘密の世界」へ

    volcano.jpg

    volcano c



    1. 2010/04/03(土) 09:04:27|
    2. 地球
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    shibamatax

    03 | 2010/04 | 05
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search