秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    新たな太陽系外の惑星系の実際の姿を捉えた驚異の画像

     1996年以降、太陽系外の惑星系は300個程発見されていますが、実際の惑星を直接捉えたものは2008年になってからです。
     ハワイにある口径10mのケック望遠鏡は、2008年11月、3個の惑星を従えた太陽系外の惑星系を赤外線カメラを使用して捉えることに史上初めて成功しました。
     この惑星系は、ペガサス座の方向にある恒星(HR8799)にあり、地球からは130光年離れています。太陽の1.5倍の大きさを持つHR8799の周りを公転している3つの惑星は、木星より数倍大きな木星型のガス惑星で、この中でもっとも内側を公転している惑星は、太陽系の天王星の公転半径と同じ位であると計算されています。
     今回発見されたHR8799の3つの惑星を持つ惑星系は、口径8mのジェミニ北望遠鏡でも再確認されています。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

     
    hr8799_keck_big.jpg

    スポンサーサイト
    1. 2008/11/30(日) 09:42:45|
    2. 宇宙・星雲・星団
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    土星探査機カッシーニが捉えた異常に大きな土星のオーロラ

     土星探査機カッシーニは、2006年11月に土星の北極に出現した異常に大きなオーロラを捉えました。
     写真は、カッシーニが赤外線カメラを使って撮影したオーロラの画像を、カッシーニが2008年6月に赤外線カメラを使って撮影した土星の北極の画像と合成したものです。
     この巨大なオーロラは、地球や木星で観測されるオーロラとは異なり、規模が極めて大きく、その光のリングは北緯82度まで広がっています。
     オーロラは、太陽風によって土星にやってきたプラズマ粒子が土星上空で土星の大気の粒子とぶつかり、土星の磁場との相互作用で光を発するため起こるものです。
     この土星のオーロラは数分で形が大きく変わり、45分程度で消滅してしまうなどこれまで考えられてきた土星の磁場の活動では説明できない動きをし、多くの謎を科学者達に提示しています。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA,JPL
    「秘密の世界」へ

    saturnhexaurora_cassini_big.jpg

    1. 2008/11/24(月) 10:55:33|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた珍しい二つのリング型銀河

     ハッブル宇宙望遠鏡は、2008年10月下旬に珍しいリングを持つ二つの銀河(Arp147)を捉えました。
     Arp147は、くじら座の方向にあり、地球からは4億光年離れたところにあります。Arp147は、解像度が低い望遠鏡で見ると、数字の10のように見えます。
     この二つの銀河は、左側の薄ピンク色の銀河が右側の青い銀河と衝突し、通り抜けたためにできたと考えられています。また、青いリング型銀河のリングの左下のオレンジ色の部分は、衝突前のこの銀河の中心部だったと考えられています。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

     
    arp147_hst_big.jpg


    1. 2008/11/11(火) 10:03:54|
    2. 銀河・宇宙
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    太陽表面に現れる高温ガスのジェット流のスピキュール

     太陽の表面に現れる高温ガスのジェット流であるスピキュールは、太陽の磁力線に沿って流れていると考えられています。スピキュールは、時速50000kmもの速度を持ち、長さは10000kmになるものもあります。スピキュールは、太陽の表面から上方向に噴出し、その後太陽の表面に戻ります。
     写真は、2004年6月に撮影されたスピキュールです。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

     
    SUN   2008.11


    1. 2008/11/07(金) 18:51:24|
    2. 太陽
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:1

    カッシーニが捉えた土星の南極の姿

     2004年に土星の周回軌道に乗った土星探査機カッシーニは、赤外線カメラを使い土星の南極を捉えました。
     土星の南極の表面の明るさの違いは雲の厚さの違いを表しており、暗い部分は厚く、明るい部分は薄くなっています。
     写真は、カッシーニが2007年に赤外線カメラで撮影したもので、カラー版は温度の違いを強調して色付けしたものです。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    southpole_cassini_big.jpg


    1. 2008/11/01(土) 09:05:04|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    shibamatax

    10 | 2008/11 | 12
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search