秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    輝かしいアポロ10号の月旅行

     人類初の月面着陸を成功させたアポロ11号に先立って、アポロ10号は、1969年5月18日に月に向けて打ち上げられ、3日後に月の周回軌道に乗りました。
     司令船が月の上空110㎞の軌道を周回中に、トーマス・P・スタッフォード船長、ユージン・A・サーナン宇宙飛行士が乗る月着陸船は月の上空で初めて司令船から切り離され、月面から約14,300mの所まで降り、その後上昇しジョン・W・ヤング宇宙飛行士が乗る司令船と無事ランデブーしました。
     司令船は、この後地球に向けてロケットを点火し、1969年5月26日に無事地球に帰還しました。
     なお、アポロ10号の月周回は、初めて人類を乗せて月に行った1968年12月のアポロ8号のミッションに次ぐものです。また、アポロ9号は地球の上空の周回のみのミッションでした。
     写真上は、司令船を離れて月面上空に向かう月着陸船と月面です。
     写真下は、月上空を周回する司令船から撮影した地球と月です。

     画像をクリックで画面を拡大して見ることが出来ます。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    AS10-27-3873.jpg

    AS10-27-3895.jpg




    スポンサーサイト
    1. 2008/08/28(木) 10:15:39|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:2

    はくちょう座の超新星の爆発痕NGC6960

     はくちょう座の中にある散光星雲NGC6960は、10000年前に爆発した超新星の痕跡で、地球から1400光年の距離にあります。NGC6960は、その形から魔女のほうき星雲(Witch's Broom Nebula)とも呼ばれています。
     NGC6960は、見かけの大きさが満月の直径の3倍もある大きな星雲で、小口径の望遠鏡でも撮影しやすい天体の一つです。NGC6960の右側の明るい星は、白鳥座の第52星で明るさは4等級です。
     画像をクリックで画面いっぱいに拡大して見ることが出来ます。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    ngc6960_block_big.jpg

     
    1. 2008/08/20(水) 09:52:15|
    2. 宇宙・星雲・星団
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    皆既日食のときに捉えられた美しい太陽のコロナ

     皆既日食の時、太陽のコロナを見ることが出来ます。写真は、2008年8月1日にロシアのKochenevoの近くで撮影された皆既日食で、太陽から放射状に揺らめくように流れ出ているコロナを捉えています。太陽の表面温度は、6000度ですが、コロナの温度は100万度~200万度もあります。何故コロナがこのような超高温になるのかは、未だ分かっていません。
     新月の月は、太陽の光を反射した地球からの光で、薄っすらとクレーター等の地表の様子を見せています。
     なお、写真は、28枚の画像を組み合わせた合成画像です。
     画像をクリックで拡大して見ることが出来ます。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    2008年8月1日の皆既日食の別の記事へ

     
    sun   edge  2008.8.1  colona


    1. 2008/08/13(水) 10:09:28|
    2. 太陽
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ダイナミックな銀河の衝突の姿を見せるArp148

     おおぐま座の方向にあるダイナミックな銀河の衝突の姿を見せるArp148は、地球から5億光年の距離にあります。
     Arp148は、2つの銀河が衝突して一方はドーナツ型に、もう一方は尻尾を持った銀河に相互の重力作用によって姿を変えたと考えられています。
     写真は、ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたものです。

     画像クリックで拡大します。
    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ



    ARP148.jpg


    1. 2008/08/07(木) 10:04:06|
    2. 銀河・宇宙
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    へび座のワシ星雲

     へび座の中にあるワシ星雲は、メシエ天体の一つでM16(NGC6611)とも呼ばれています。
     M16は、地球から7000光年の距離にあり、散開星雲と散開星団から出来ています。星雲の中では星が活発に生まれています。
     M16は、口径50㎜程度の双眼鏡でへび座の尻尾のあたりに見ることが出来ます。
     画像クリックで拡大します。
    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    M16F970_schedler.jpg

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたワシ星雲の3本の柱の記事へ

    ワシ星雲の左上の1本の柱の記事へ

    1. 2008/08/01(金) 09:42:37|
    2. 宇宙・星雲・星団
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    shibamatax

    07 | 2008/08 | 09
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search