秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    ボルネオの幻の世界最小の象"ピグミー象"

     ボルネオの北東部の熱帯雨林には、幻の世界最小の象といわれている"ピグミー象"が生息しています。ピグミー象は大変小さな象で成獣でも体高(地面から肩の上までの高さ)は2.2~2.5mしかありません。因みにアフリカ象の体高は3.0~3.8m、普通のアジア象でも2.5~3.0mもあります。ピグミー象の大きさは、アジア象の子供の象と同じくらいの大きさです。
     ピグミー象は、大変穏やかな性格で、体が小さいことと耳が比較的大きいことが特徴です。その詳しい生態はまだ良く分かっていません。
     ピグミー象は、絶滅危惧種に指定されており、その生息数は2005年末で1500頭程度と推測されています。
     写真は、ボルネオのサバ州の熱帯雨林の中で撮影された鮮明なピグミー象の姿です。
     画像クリックで拡大します。

    20070629170350.jpg

    20070710094659.jpg


    SOURCE:doggz,Dan Lockwood

    人気blogランキングへ

    banner_03.gif



    スポンサーサイト
    1. 2007/06/29(金) 17:04:13|
    2. 生物
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    マーズ・リコネッサンス・オービターが撮影した火星の北半球の典型的な地形

     NASAが2005年8月に打上げた火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービター(MRO)は、2006年3月に火星の周回軌道に入り観測を続けています。写真は、MROが2006年11月16日に撮影した火星の北半球の典型的な地形です。多くの浸食したクレーターや断層を見ることが出来ます。
     撮影場所は火星の北緯37.1度、東経1.5度のところで撮影範囲は左右で295kmです。
     撮影時の太陽の位置は火星の地平線から41度、季節は北半球の夏です。
     画像クリックで拡大します。



    20070623091428.jpg


    SOURCE:NASA

    人気blogランキングへ

    banner_03.gif




    1. 2007/06/23(土) 09:14:51|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ミールから見た日食時の地球食

     日食が起きている時に地球を宇宙から見ると、地球食を見ることができます。
     写真は、ロシアの宇宙船ミールが1999年8月11日の皆既日食の時に撮影した宇宙から見た地球食です。地球に投影された月の影は、時速約2000㎞のスピードで地表を移動します。
     地球上では、この月の影の部分から皆既日食の太陽を見ることができます。

     eclipse99_mir_earth.jpg


    SOURCE:NASA

    人気blogランキングへ

    banner_03.gif



    1. 2007/06/14(木) 10:52:16|
    2. 地球
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:1

    しし座の巨大渦巻型銀河"M65"

     しし座の巨大渦巻型銀河"M65"(NGC3623)は、地球から3500万光年の距離にあり、その直径は10万光年あります。"M65"は、3つの巨大銀河が集まっている所から名付けられたレオ・トリプレット(Leo Triplet)の一つです。レオ・トリプレットを構成する他の二つの銀河には、写真には載っていませんが、"M65"の左方向にはM66(NGC3627)、上方にはNGC3628があります。
     これらの3つの銀河は、距離が近いことから相互に重力の影響を受けていると考えられています。

    m65_wendel.jpg


    SOURCE:NASA

    人気blogランキングへ

    banner_03.gif


    1. 2007/06/09(土) 10:14:54|
    2. 銀河・宇宙
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた鮮明な渦巻型銀河M81

     ハッブル宇宙望遠鏡は、おおぐま座の方向にある渦巻き型銀河M81(NGC3031)を鮮明に撮影しました。M81は、地球から1180万光年の距離にある直径10万光年の大きな銀河で、その姿と大きさは我々が住む天の川銀河に似ていると言われています。M81の中心には、太陽の7000万倍の質量を持つ巨大なブラックホールが存在していると考えられています。
     なお、地球から見たM81の見かけの大きさは、満月と同じくらいあります。
     写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたM81で、2004~2006年に撮影された複数枚の画像を合成したものです。
     画像クリックで拡大します。


    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    M81_B_1000.jpg

    1. 2007/06/01(金) 10:24:37|
    2. 銀河・宇宙
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    shibamatax

    • Author:shibamatax
    • 無限に広がっているともいえる宇宙を感じ、また、貴重な自然を守る大切さを感じるブログです。
      そして、日常の身の回りの問題や関心事は殆どが取るに足らないつまらない事であることを感じていただければ幸いです。



    • RSS1.0
    05 | 2007/06 | 07
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search