秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    月のデカルト高地に着陸したアポロ16号

     アポロ16号は、1972年4月21日に月のデカルト高地(Descartes Highlands)に着陸しました。ジョン・ヤング船長とチャーリー・デューク飛行士は、月面車を使用して月面の調査活動を行い、96㎏の月の岩石などのサンプルを地球に持ち帰りました。
     写真上は、機械船から切り離された着陸船が撮影した月と地球と機械船です。写真中はチャーリー・デューク飛行士が着陸地点で撮影した着陸船とジョン・ヤング船長です。写真下は、着陸地点のパノラマ写真です。
    画像をクリックすると拡大します。

    20061128101703.jpg


    20061128102049.jpg


    20061128102605.jpg


    SOURCE:NASA

    人気blogランキングへ

    banner_03.gif



    スポンサーサイト
    1. 2006/11/28(火) 10:21:26|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:0

    アポロ15号と人類初の月面車

     アポロ15号は、1971年7月30日に月のアペニン山脈の近くにあるハドリー谷に着陸しました。アポロ15号は、人類初の月面車を持ち込み宇宙飛行士(デイヴ・スコット船長、ジム・アーウィン飛行士)による月面での活動範囲を大幅に拡大、77kgの月の岩石等の標本を地球に持ち帰りました。
     写真上は、月着陸船と月面車です。写真中は、ステーション4と呼ばれる月の岩です。写真下は、アポロ15号撮影したショーターズ谷の横の月面です。画像クリックで拡大します。

    20061122224539.jpg


    20061122224636.jpg


    AS15-90-12271.jpg


    SOURCE:NASA

    人気blogランキングへ

    banner_03.gif


    1. 2006/11/22(水) 22:49:29|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:0

    月のフラ・マウロ高地に着陸したアポロ14号

     アポロ14号の月着陸船アンタレスは、1971年2月5日に月のフラ・マウロ高地に着陸しました。人類3番目の月着陸を成功させたアラン・シェパード船長とエドガー・ミッチェル飛行士は、月震計の設置や岩石などの標本の採取等の船外活動を行い、地球に約45Kgの月の岩石・レゴリスの標本を持ち帰りました。
     写真上は、フラ・マウロ高地に着陸している月着陸船アンタレスと月面の様子で、宇宙飛行士の足跡やレゴリスそして月面から見た漆黒の宇宙が良く分かります。写真下は、各種の観測機器を設置している両飛行士です。
     画像クリックで拡大します。

    20061115100158.jpg


    20061119195952.jpg


    SOURCE:NASA

    人気blogランキングへ

    banner_03.gif


    1. 2006/11/15(水) 10:03:22|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:0

    太陽を横切る水星

     地球から見て水星太陽を横切るところを観測できるのは、21世紀中に14回あります。今世紀の2回目は、2006年11月8日に起きました。写真上は、11月8日にテキサス州ダラスで撮影された太陽を横切る水星です。写真のように地球から見た水星の見かけの大きさは太陽の直径の200分の1しかありません。写真下は、2006年11月3日に撮影された太陽をベースに太陽を横切る水星を想定し書き加えた合成写真です。水星は、画像にあるように太陽の左下から斜めに右上方向に移動します。因みに、水星と同様に金星も太陽面を横切るのを地球から見ることが出来ますが、金星の次の機会は2012年6月になります。
     画像クリックで拡大します。

    20061110203717.jpg


    20061109211726.jpg


    SOURCE:NASA

    人気blogランキングへ>

    banner_03.gif


    1. 2006/11/09(木) 21:17:40|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    火星探査車スピリットが発見した多層構造を持つ岩石

     NASAの火星探査車スピリットは、2006年2月にホーム・プレートと名付けられている場所に行き、多層構造を持つ岩石と岩石層を発見しました。写真に見られる複雑な地形は、隕石の衝突か大規模な火山の噴火によるものと考えられています。また、多層構造の岩石は、水の働きによって生成された堆積岩の可能性があります。ホーム・プレートは、差し渡し80mの広さの所ですが、火星上空からの観測で、特異な地形だったためにスピリットの探査対象となっていました。
     画像をクリックすると拡大します。写真下は、ズームUP画像です。

    20061107100420.jpg


    20061107100453.jpg


    SOURCE:NASA

    人気blogランキングへ>

    banner_03.gif


    1. 2006/11/07(火) 10:05:04|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    火星探査車スピリットからの360度のパノラマ写真

    NASAの火星探査車スピリットは、火星の南半球にある直径144kmの"Gusev
    Crater"の近くで火星表面の360度のパノラマを撮影しました。
    写真上は、パノラマ写真の部分です。写真下は、画像をクリックすると画面一杯に火星の360度のパノラマ写真が現れます。
    スピリットのわだちに見える白い層は、塩の層と考えられています。
    スピリットは、この後"Gusev Crater"の中にあるコロムビア・ヒルを探索する予定となっています。
    20061102144639.jpg


    20061102144813.jpg



    SOURCE:NASA

    人気blogランキングへ>

    banner_03.gif

    1. 2006/11/02(木) 14:48:38|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    shibamatax

    • Author:shibamatax
    • 無限に広がっているともいえる宇宙を感じ、また、貴重な自然を守る大切さを感じるブログです。
      そして、日常の身の回りの問題や関心事は殆どが取るに足らないつまらない事であることを感じていただければ幸いです。



    • RSS1.0
    10 | 2006/11 | 12
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search