秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    宇宙から見た"ユーコンデルタ"

     地球観測衛星ASTERは、日本の協力も得てNASAによって1999年12月に打ち上げられました。
     写真は、2002年5月にASTERが撮影したアラスカ西部の"ユーコンデルタ"です。
     人跡未踏の地が多く残る緑溢れる"ユーコンデルタ"と海面には極寒の冬に作られた流氷が大量に残っているのがわかります。

    yukon_hires.jpg


    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト
    1. 2005/11/30(水) 23:43:41|
    2. 地球
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    土星の羊飼い衛星"パンドラ"

    土星探査機"Cassini"(カッシーニ)は、2005年9月にこれまでにない鮮明な衛星"パンドラ"の撮影に成功しました。"パンドラ"はFリングと呼ばれている土星の輪の外側を公転している羊飼い衛星で、その長径は114km、短径は62kmでジャガイモ形の小型の衛星です。
    50000kmの距離から、撮影された今回の画像を見ると、クレータや溝があることが分かります。

    画像をクリックすると拡大します。

    20051126083941.jpg

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    1. 2005/11/26(土) 08:40:15|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    小惑星"イトカワ"のクローズUP写真

    JAXA(宇宙航空研究開発機構)の小惑星探査機"はやぶさ"が、2005年
    11月に撮影した小惑星"イトカワ"のクローズUP写真を見ると、クレータがありません。
    これまでに探査された小惑星は、すべて小さいながらもクレータが発見されているのですが、"イトカワ"にクレータがないことはなぞとなっています。なお、探査機"はやぶさ"は、2007年に地球に還ってくることになっています。


    itokawa05_hayabusa.jpg


    SOURCE:JAXA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ
    1. 2005/11/22(火) 08:40:07|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    銀河集団の中の重力レンズ効果によるアーク

    ハッブル宇宙望遠鏡は、2003年9月に地球から60億光年離れたところにある銀河集団を撮影しました。
    写真の上にある白い銀河は、温度が高い若い星星を多く含んでいる銀河で、真ん中のオレンジ色の銀河は温度の低い年老いた星が多い銀河と考えられています。この真ん中の銀河の中央部に白く光る弓形のアークが見えますが、これは銀河集団による重力レンズ効果によるものと考えられています。
    なお、左上の明るく輝く星は、われわれの銀河に所属する恒星です。
    画像をクリックすると拡大します。

    20051117091250.jpg


    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    1. 2005/11/17(木) 09:13:05|
    2. 銀河・宇宙
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    南天の南のリング星雲と呼ばれる"NGC3132"

    南天のほ座の近くにある惑星状星雲"NGC3132"は、その形から南のリング星雲とか8の字星雲と呼ばれています。8の字星雲と呼ばれるのは、小型の望遠鏡で見ると8の字のように見えるところから名付けられています。
    "NGC3132"は、惑星状星雲としては地球から2000光年という近いところに位置しており、その長径は0.5光年です。

    写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した鮮明な"NGC3132"の画像です。
    画像をクリックすると拡大します。

    20051112033425.jpg


    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    1. 2005/11/12(土) 03:34:48|
    2. 宇宙・星雲・星団
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    20億年前の地球のクレーター

     カナダ北部にある"Manicouagan"(マニクーガン)クレーターは、20億年前に巨大隕石の衝突によって作られた現在地球上にあるもっとも古いクレーターの一つで、直径は70kmあります。このような隕石によるクレーターは、すべて陸上にあり、五大陸合わせて180個ほど発見されています。
     写真は、1983年にスペースシャトル"コロンビア"から撮影されたものです。
    画像クリックで拡大します。

    20051106203756.jpg



    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    1. 2005/11/06(日) 20:38:16|
    2. 地球
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:1

    夜空に美しく輝くユーコンのオーロラ

    オーロラには、一点から光が放射状に伸びている"コロナタイプ"と帯状に光が輝いている"カーテンタイプ"の2種があります。
    写真は、2001年10月にカナダ北西部のユーコンで撮影された典型的な美しい"カーテンタイプ"のオーロラです。

    Auroras.jpg



    source:NASA

    http://www.trackbackcenter.com/cgi-bin/receive.cgi
    1. 2005/11/03(木) 07:39:14|
    2. 地球
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    shibamatax

    10 | 2005/11 | 12
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search