秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    地球に最接近したリニア彗星(Comet Liner)252P

     周期彗星であるリニア彗星(Comet Liner)の一つであるリニア彗星252P(Comet 252P/Liner)が、地球に最接近した2016年3月21日にオーストラリアのヴィクトリア(Victoria)で撮影されました。
     写真は、5枚の画像を合成したもので、いて座とさそり座の方向に緑色のリニア彗星252Pが確認できます。
     最接近時のリニア彗星252Pと地球の距離は、530万Kmです。
     写真下は、リニア彗星252Pと周辺のズームアップです。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    252PSaturnMArsMilkyWay_Cherney_Labeled_960.jpg


    252PSaturnMArsMilkyWay_Cherney_1852.jpg



    スポンサーサイト
    1. 2016/03/29(火) 17:44:15|
    2. 彗星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    彗星探査機ロゼッタが捉えたチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の最新画像

     ESAの彗星探査機ロゼッタ(Rosetta spacecraft)は、2014年8月6日にチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(Comet 67P/Churyumov-Gerasimenko)の周回軌道に載りその後順調に観測を続けています。
     写真は、ロゼッタが2015年8月13日のチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の近日点通過の前日である8月12日に撮影したチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星で、太陽の強烈なエネルギーによってチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の表面の氷や塵が大量に放出されているのが分かります。この時ロゼッタは、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星から325kmの距離から撮影しました。チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星は、二つの彗星が重なった形をしており、大きさは長径4.0km、短径3.2kmです。

    SOURCE:NASA,ESA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    ESA_Rosetta_OSIRIS_NAC_20150812_T1735c.jpg



    1. 2015/08/17(月) 11:33:19|
    2. 彗星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    北極星の脇を通過するラブジョイ彗星(C/2014 Q2)

     近地点を2015年1月30日に通過したラブジョイ彗星(C/2014 Q2)は、2015年5月下旬に北極星の脇を通過しました。
     写真は、2015年5月24日に撮影されたものです。
     こぐま座で一番明るいアルファ星である北極星は、2等星ですがそれでも全天で45番目に明るい恒星です。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    PolarisLovejoy_RBA_2048 (800x511) PolarisLovejoy_RBA_1024_Annotated (800x511) 

















    1. 2015/06/08(月) 15:47:08|
    2. 彗星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    オリオン座、プレアデス星団等満天の星空をバックに移動するラブジョイ彗星

     ラブジョイ彗星(C/2014 Q2)が、地球に最も近付いた近地点は2015年1月7日で、近日点は2015年1月30日でした。写真は、2015年1月14日にスペインで撮影されたもので、オリオン座、プレアデス星団等の多くの星雲が見える満天の星空をバックに移動する緑色のラブジョイ彗星が確認できます。
     写真下は、ラブジョイ彗星のクローズアップ画像です。
     このラブジョイ彗星が、楕円軌道を回って地球のそばに戻ってくるのは、8000年後と考えられています。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    LovejoySky_casado_annotated_926.jpg

    LovejoySky_casado_4975.jpg





    1. 2015/01/31(土) 14:09:02|
    2. 彗星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    M79銀河の近くを通過するラブジョイ彗星(C/2014 Q2)

     ラブジョイ彗星(C/2014 Q2) の近日点は、2015年1月30日で、地球に最も近付く近地点は、2015年1月7日です。写真は、2014年12月28日に撮影されたもので、オリオン座のベルトの南にあるM79銀河の近くを通過しているラブジョイ彗星です。
     北半球では、近日点の付近では肉眼でもラブジョイ彗星を見ることが出来ます。また、2015年1月下旬頃までは、小さな双眼鏡を使用してラブジョイ彗星を確認することが出来ます。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    cometcluster_willasch_1080.jpg

    <追加画像>
    おうし座をバックに美し姿を見せるラブジョイ彗星。2015年1月13日撮影。
    lovejoyJan13RBA (900x565)

    左上の円は、満月の大きさを示しています。






    1. 2015/01/04(日) 15:28:22|
    2. 彗星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    彗星探査機ロゼッタの着陸機フィラエ、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に着陸

     ESAの彗星探査機ロゼッタ(Rosetta spacecraft)から切り離された着陸機フィラエ(Philae)は、2014年11月12日にチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(Comet 67P/Churyumov-Gerasimenko)に着陸しました。しかし、フィラエは着陸の際2度バウンドし、彗星の表面に計画通りに固定することは出来なかったために、今後の探査が懸念されています。
     写真上は、ロゼッタから離れたフィラエが11月12日に、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の上空3000mから撮影したもので、解像度は1ピクセル当たり3mです。
     フィラエの着陸は、地球から5億1000万kmも離れた所で行われ、フィラエは時速3.5kmの速度でゆっくりと7時間かけてチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に着陸しました。探査機が彗星に着陸したのは史上初の事です。
     写真下は、ロゼッタから切り離された着陸機フィラエをロゼッタから撮影したものです。

    SOURCE:ESA,NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    ROLIS_descent_image900.jpg


    Farewell_Philae_-_narrow-angle_view_large.jpg


    1. 2014/11/14(金) 10:44:08|
    2. 彗星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    さそり座の散開星団M6とサイディング・スプリング彗星

     サイディング・スプリング彗星(Comet Siding Spring)(C/2013 A1)は、2013年1月3日にオーストラリアの天文家ロバート・マックノート氏によって発見され、非周期彗星と考えられている彗星で、近日点は2014年10月25日です。

     写真は、2014年10月9日に撮影されたもので、さそり座の散開星団M6(NGC6405)の近くを横切る様子が捉えられています。サイディング・スプリング彗星は、これまで発見された彗星の中で最も火星に近付く彗星で、2014年10月19日には火星から139,500kmの距離の所を通過しました。
     写真上はM6とM6の上方を通過するサイディング・スプリング彗星です。
     写真下は写真上のサイディング・スプリング彗星のズームアップです。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    M6SidingSpringLigustri (800x705)

    M6SidingSpringLigustri.jpg



    1. 2014/10/20(月) 15:43:52|
    2. 彗星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    彗星探査機ロゼッタが捉えたチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の神秘的な姿

     チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の周りを周回しているESAの彗星探査機ロゼッタ(Rosetta spacecraft)は、2014年9月4日にチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(Comet 67P/Churyumov-Gerasimenko)の上空62kmからの撮影に成功しました。

     写真は、ロゼッタが9月4日に捉えたチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の最新の接近画像です。2か月後にはロゼッタに搭載されている彗星表面の探査用の着陸機フィラエ(Philae)がチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に着陸することになっています。チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の長径は、4.0kmあります。
     写真下は写真上の中央部分のズームアップです。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    cometCG01_rosetta_2048 (900x900)

    cometCG01_rosetta_2048 (2)






    1. 2014/09/28(日) 17:26:28|
    2. 彗星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    きょしちょう座の小マゼラン雲と球状星団NGC104とサイディング・スプリング彗星

     サイディング・スプリング彗星(Comet Siding Spring)(C/2013 A1)は、2013年1月にオーストラリアの天文家によって発見された彗星で、太陽への最接近は2014年10月25日となっています。
     サイディング・スプリング彗星は、2014年10月19日には火星に最接近し、13万9500kmまで近付きます。これは地球と月の距離の3分の1に当たります。
     写真は、2014年8月29日に撮影されたもので、左下にきょしちょう座の大きな小マゼラン雲と右側にある球状星団NGC104(別称:47Tucanae)、そしてその間を通過するカーブした尾を持つサイディング・スプリング彗星が見えます。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    ligustri_SMCsidingspring1824 (800x725)

    ligustri_SMCsidingspring1824.jpg



    1. 2014/09/06(土) 16:52:05|
    2. 彗星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ハート星雲と魂星雲の間を通過するジャックス彗星

     2014年3月13日にブラジルの天文学者によって発見されたジャックス彗星(Comet Jacques)(C/2014 E2)は、2014年7月2日に近日点を通過し、7月13日には金星から1450万kmの地点を通過しました。
     ジャックス彗星は、8月28日に地球に最接近し、地球から8400万kmの地点を通過します。
     写真は、2014年8月20日に撮影されたジャックス彗星で、ハート星雲(the Heart Nebula)IC1805と魂星雲(the Soul Nebula)IC1848の間を通過しているように見えます。
     ハート星雲(the Heart Nebula)IC1805と魂星雲(the Soul Nebula)IC1848は、カシオペア座とペルセウス座の境界線にあり、地球からは6000光年の距離にあります。これらの星雲の大きさは夫々差し渡し100光年もある巨大な星雲です。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    MG_0098jacques_Dierick950.jpg



    1. 2014/08/28(木) 19:38:24|
    2. 彗星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    次のページ

    shibamatax

    03 | 2017/04 | 05
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search