FC2ブログ

    秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    ハッブル宇宙望遠鏡が近紫外線で捉えた木星の姿

     ハッブル宇宙望遠鏡は、2017年、近紫外線を使用して木星の姿を捉えました。 画像の色は、疑似カラーです。自然光で捉えた木星とまた違う姿を見せています。特に、北極及び南極は、自然光で捉えるよりかなり暗く映っています。
     木星の左上にいる衛星は、ガニメデ(Ganymede)です。 木星表面の下の黒っぽい楕円形は、大赤斑と白斑です。

     画像をクリックすると拡大してみることが出来ます。
      
    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    JupiterUV_HubbleSchmidt_960.jpg
    スポンサーサイト
    1. 2018/10/17(水) 10:39:15|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    土星探査機カッシーニが捉えた土星の北極の不思議な六角形

     NASAの土星探査機カッシーニ(Cassini)は、2012年に赤外線カメラ、紫外線カメラを使って土星の北極圏を捉えました。
     写真は、カッシーニが捉えた土星の北極圏上空からの画像で、不思議な六角形が捉えられていますす。六角形を作っているのは、北極の雲の渦ですが、この六角形の対角線は30000kmもあり、地球が二つ並んで入いる大きさです。
     この六角形は、土星の北緯70度まで広がっています。写真の色は、疑似カラーです。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    PIA17652SaturnHexagon.jpg



    1. 2018/09/08(土) 16:21:56|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    火星探査車キュリオシティの自画像とシャープ山の麓の様子

     NASAの火星探査車キュリオシティ(Curiosity)は、2018年6月15日に火星のゲールクレーター(Galr Crater)内の中央峰であるシャープ山(Mount Sharp)の麓で、キュリオシティの自画像と周辺の様子を取りました。
     写真は、キュリオシティがアームの先に取り付けられたカメラで撮影した複数枚の画像を合成したものです。
     写真中央に見える岩は、Duluthと名付けられています。撮影した時期は、火星には広範囲に巨大なダストストームが吹いており、遠景ははっきりと写し出されていません。なお、大きさの比較の為の参考に、キュリオシティのホイールの直径は50cmです。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    21929_PIA22486-web.jpg


    1. 2018/09/04(火) 09:50:50|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    木星探査機ジュノーが捉えた木星の北半球の連続最新画像

     NASAによって2011年8月5日に打ち上げられた木星探査機ジュノー(Juno)は、2016年7月5日に木星の極軌道に乗り、その後大きな楕円の極軌道のまま順調に周回を続けています。
     写真は、ジュノーが2018年7月16日(12:54am~1:11am,EDT時間)に撮影したもので、ジュノーと木星の距離は、25300kmkから6200kmです。木星の極軌道の周回時に撮影した木星の北半球の最新の連続画像です。写真の一番左の木星の画像の中央左にある白い楕円は、N5-AWOと名付けられていいます。左から二番目の写真ではN5-AWOは少し上方に移動しています。
     左から二番目と三番目の写真の下方には、あの大赤斑が見えます。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ
    人気ブログランキングへ



    pia22686-16.jpg



    1. 2018/08/30(木) 18:16:08|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた土星の美しい姿

     ハッブル宇宙望遠鏡は、2018年6月6日、地球から13億6000万kmのところに位置している土星を捉えました。2018年6月27には、土星は、太陽- 地球-土星 がほぼ一直線になる衝を迎えるため、良い撮影条件で北極が見える土星と環の全体像を捉えることが出来ました。
     土星の環は、レコードの溝のように数千本もあり、岩石のかけらや雪状のものや氷のかけらや塊で出来ています。その大きさは平均で0.9m、小さいもので数㎜から10㎝位のものですが、大きなものになると10m位の塊もあります。
     画像をクリックすると拡大してみることが出来ます。
      
    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    stsci-h-p1829b-m-2000x1230.png






    1. 2018/08/14(火) 12:53:54|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    火星探査機マーズ・エクスプレスが捉えた火星の南極

     ESAの火星探査機マーズ・エクスプレス(Mars Eapress)は、火星の南極の美しいドライアイス(二酸化炭素)と氷の層を捉えました。最近の詳細なレーダー観測のデータ分析の結果、厚さ約1・5キロの氷床下に幅約20キロを超える塩水湖があるのではないかと考えられています。
     チームは2012~15年、探査機のレーダーで氷床に向け電波を照射。底の岩盤に当たって反射してくる電波を分析して、氷床の内部構造や厚さを調べた。湖があるとみられる領域では電波の反射に他とは違う特徴がみられ、液体の水面で反射したと
     写真は、2012年にマーズ・エクスプレスによって捉えられたもので、土とドライアイスと水の氷によってできた、美しい地表が見えます。画像クリックで拡大します。

    source:ESA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    SouthPole_MarsExpress_2310.jpg


    1. 2018/08/01(水) 10:23:09|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    惑星探査機ドーンが捉えた準惑星ケレスの不思議な明るい部分のクローズアップ

     NASAによって2007年9月27日に打ち上げられた惑星探査機ドーン(Dawn)は、火星と木星の公転軌道の間にある小惑星帯(asteroid belt)の準惑星ケレス(Ceres)の探査を続けています。
     写真はケレスの最新画像で、ドーンがケレスから34kmという近距離から撮影したケレスの直径90kmのオカットルクレーター(Ocaator crator)の中にある不思議な明るい部分のクローズアップです。以前ドーンによって発見された、この不思議な明るい部分の地表は、Cerealia Faculaと名付けられています。この不思議な明るい部分は、氷ではなく、汚れた雪のようだと考えられています。
     ケレスの長径は952kmあります。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ



    CerealiaFaculaPIA21924_1024.jpg



    1. 2018/07/20(金) 19:11:36|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    火星探査機マーズ・リコネッサンスオービーター捉えた不思議な地形


     NASAの火星探査機マーズ・リコネッサンスオービーター(Mars Reconnaissance Orbiter)は、火星の南極地域で沢山のクモがいるような不思議な地形を捉えました。
     写真は、火星の南半球が冬にあたる2018年5月13日に撮影されたものです。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ




    pia22587.jpg


     
    1. 2018/07/19(木) 06:01:53|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    探査機ニュー・ホライズンズが捉えた冥王星の最大の衛星カロン

     NASAの探査機ニュー・ホライズンズ(New Horizons)は、2015年7月14日に冥王星に最接近した時に、冥王星の5つの衛星の内、最大の衛星であるカロン(Charon)を鮮明にとらえています。写真上は、ニュー・ホライズンズがこの時にカロンを撮影したもので、色は地表の変化が良く分かるように強調されています。
     カロンは、冥王星と連星系をなしており、いつも冥王星の同じ面に向いて公転しています。冥王星の直径は2370km、カロンの直径は1214kmです。
     写真上のカロンの赤道にあたる所には、南北を分ける巨大な地溝帯があります。カロンの北半球は複雑な地形が多く、南半球では滑らかな地表に多くのクレーターが点在しています。 
     写真上の左上の画像は、1978年にフラッグスタッフにあるU.S.Naval Observatoryの研究者が初めてカロンを発見した時のネガ画像です。
     写真下は、写真上の中心部のクローズアップで、いくつかの特徴的な地形には、正式に名前が付けられています。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    charon_then_now_1024.jpg

    CharonFeatureMap_Annotated.png





    1. 2018/07/10(火) 13:41:14|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    JAXAの小惑星探査機はやぶさ2が捉えたリュウグウの神秘的な姿

     JAXAによって2014年12月3日に打ち上げられた小惑星探査機はやぶさ2(Hayabusa2)は、順調に飛行航路を進み2018年6月にC型小惑星のリュウグウ(162173Ryugu)の神秘的な姿を捉えました。
     リュウグウは、長径が900mの岩石で出来ている地球近傍小惑星です。
     リュウグウは、その形からDragon's Castleという別名があります。
     写真は、はやぶさ2が、6月18日~20日に撮影したリュウグウです。
     なお、はやぶさ2は、今後小型の着陸機をリュウグウに着陸させてその地表のサンプルを回収して、2020年には地球に帰還する予定です。


    SOURCE:JAXA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    RyuguApproach_Hayabusa2_960.jpg



    1. 2018/06/26(火) 09:55:23|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    次のページ

    shibamatax

    09 | 2018/10 | 11
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search