秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    探査機ニュー・ホライズンズが捉えた冥王星の最大の衛星カロン

     NASAの探査機ニュー・ホライズンズ(New Horizons)は、2015年7月14日に冥王星に最接近した時に、冥王星の5つの衛星の内、最大の衛星であるカロン(Charon)を鮮明にとらえています。写真上は、ニュー・ホライズンズがこの時にカロンを撮影したもので、色は地表の変化が良く分かるように強調されています。
     カロンは、冥王星と連星系をなしており、いつも冥王星の同じ面に向いて公転しています。冥王星の直径は2370km、カロンの直径は1214kmです。
     写真上のカロンの赤道にあたる所には、南北を分ける巨大な地溝帯があります。カロンの北半球は複雑な地形が多く、南半球では滑らかな地表に多くのクレーターが点在しています。 
     写真上の左上の画像は、1978年にフラッグスタッフにあるU.S.Naval Observatoryの研究者が初めてカロンを発見した時のネガ画像です。
     写真下は、写真上の中心部のクローズアップで、いくつかの特徴的な地形には、正式に名前が付けられています。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    charon_then_now_1024.jpg

    CharonFeatureMap_Annotated.png





    スポンサーサイト
    1. 2018/07/10(火) 13:41:14|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    JAXAの小惑星探査機はやぶさ2が捉えたリュウグウの神秘的な姿

     JAXAによって2014年12月3日に打ち上げられた小惑星探査機はやぶさ2(Hayabusa2)は、順調に飛行航路を進み2018年6月にC型小惑星のリュウグウ(162173Ryugu)の神秘的な姿を捉えました。
     リュウグウは、長径が900mの岩石で出来ている地球近傍小惑星です。
     リュウグウは、その形からDragon's Castleという別名があります。
     写真は、はやぶさ2が、6月18日~20日に撮影したリュウグウです。
     なお、はやぶさ2は、今後小型の着陸機をリュウグウに着陸させてその地表のサンプルを回収して、2020年には地球に帰還する予定です。


    SOURCE:JAXA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    RyuguApproach_Hayabusa2_960.jpg



    1. 2018/06/26(火) 09:55:23|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた火星を覆う大砂嵐

     写真右側と肥大側の火星は、2001年にハッブル宇宙望遠鏡が69日ほど撮影時期をずらして捉えた同じ地域の火星です。右側の写真は、2001年6月26日に撮影したもので、火星全体が巨大な砂嵐に巻き込まれて、地表の色の違いがぼんやりとしています。
     左側の写真は、2001年9月4日に撮影したもので、火星全体の地表の様子がよりはっきりと見えます。これは、砂嵐が収まったことによるものです。


    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ
     
    MarsDustStorm_Hubble_1080.jpg



    1. 2018/06/18(月) 17:01:07|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた美しい木星の姿

     ハッブル宇宙望遠鏡は、2016年に木星の美しい姿を捉えました。写真左下に大赤斑が移っています。大赤班の長径は、16500kmあり、地球がすっぽり入ってしまいます。大赤斑は、年々小さくなっていることが核にされています。
     写真は、コンピューターの画像処理によって鮮明化されています。画像の色は実際の色を強調しています。

    「秘密の世界」へ
     
    SOURCE:NASA

    人気ブログランキングへ


    JupiterOpal_HubbleMasztalerz_1880 (1024x1024)








    1. 2018/04/26(木) 09:41:40|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    マーズ・リコネッサンス・オービターが捉えた美しい南半球の砂丘

     NASAの火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービターは、2014年1月14日に火星の南半球にあるクレーター内の砂丘の美しい姿を250km上空から捉えました。
     撮影時は、南半球が冬に入った時期で、砂丘の表面に二酸化炭素の霜がついているところがあります。撮影範囲は、画像の左右で1.5Kmです。
     撮影時、太陽は地平線から5度の位置にありました。画像の色は強調されています。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    marsHirise_ESP_035143_1325_1096 (1)




    1. 2018/04/16(月) 21:34:24|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    NASAの土星探査機カッシーニが捉えた鮮明な衛星ディオーネの美し姿

     土星の衛星ディオーネ(Dione)は、直径1123㎞あり土星の衛星では4番目の大きさで、地球の月と同じように土星本体に対していつも同じ面を向けて公転しています。ディオーネの表面温度は非常に低く、平均でマイナス186℃です。
     写真は、土星探査機カッシーニ(Cassini)が2012年7月23日にディオーネから、41万8000kmの距離から撮影した複数枚の画像を合成したものです。
     写真の色は強調されています。 画像クリックで拡大します。
     なお、カッシーニのミッションは、2017年9月15日に終了しました。



    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ




    pia17197-1041.jpg




    1. 2018/03/16(金) 11:50:41|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    木星探査機ジュノーが捉えた木星の北極の最新画像

     NASAの木星探査機ジュノー(Juno)は、極軌道を周回しながら木星の探査を続けています。
     写真は、ジュノーが赤外線を使用して捉えた木星の北極の最新画像です。北極の周りには、台風の渦が8個見えます。渦の大きさは平均で直径4000kmもあります。
     この写真は、ジュノーが撮影した複数枚の画像を合成したもので、色は疑似カラーです。。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ




    PIA22335_1024c.jpg









    1. 2018/03/09(金) 15:11:28|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    木星探査機ジュノーが捉えた木星の南極の最新画像

     NASAによって2011年8月5日に打ち上げられた木星探査機ジュノー(Juno)は、2016年7月5日に木星の極軌道に乗り、その後順調に大きな楕円の極軌道のまま周回を続けています。
     写真は、ジュノーが2018年2月7日に木星の極軌道の周回時に撮影した木星の南極の最新画像です。ジュノーは、南緯84.9度の木星の雲の上の上空120533kmから撮影しました。この写真は、ジュノーが撮影した複数枚の画像を合成したもので、色は強調されています。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ



    pia21980.jpg




    1. 2018/03/05(月) 12:25:11|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ハッブル宇宙望遠鏡が近赤外線で捉えた美しい木星の姿

     ハッブル宇宙望遠鏡は、3種類の波長の近赤外線を使用して木星の全体像を捉えました。
     写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が2016年に撮影した複数枚の画像を合成したもので、画像の色は疑似カラーです。
    木星の左下部分には、大赤斑が見えます。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    JupiterIR_HubbleSchmidt_960.jpg



    1. 2018/02/28(水) 12:13:59|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービターが捉えた火星の窪地の断層の様子

     NASAの火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービター(Marsb Reconnaissance Orbiter)(MRO)は、2011年5月7日、火星の南緯56.6度、東経114.1度にある巨大な窪地の斜面の断層を捉えました。
     写真上は、この窪地の全体像で、画像の左右で5㎞の幅があります。写真中央の薄茶色の帯の幅は1kmです。
     写真下は、写真上の帯状部分の北側のズームアップで、断層の様子が良くわかります。この断層の傾斜は、45度から55度と計算されています。
     写真の色は、実際の色とは異なります。画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ




    PIA22078_hires.jpg

    pia22077-1041.jpg






    1. 2018/01/14(日) 18:34:50|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    次のページ

    shibamatax

    06 | 2018/07 | 08
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search