秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    マダカスカル島の絶滅危惧種ワオキツネザル

     ワオキツネザル(Ring tailed lemur)は、マダカスカル島の南部に生息する固有種です。
     ワオキツネザルは、川の近くの林を好んで10~20頭ほどの集団で主に樹上及び地表で生息しています。成獣のワオキツネザルの大きさは、体長は38~46cm、尾長は55~62cmあり、体重は2.3~3.5kgあります。
     ワオキツネザルの生息域の減少や密猟によって、野生のワオキツネザルの生息数は減少しており、絶滅危惧種に指定されています。
     写真は、上野動物園のワオキツネザルです。


    SOURCE:shibamatax
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    IMG_3160.jpg

    IMG_3161.jpg









    スポンサーサイト
    1. 2016/11/19(土) 12:13:34|
    2. 生物
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    絶滅危惧種となっているマレーバク

     奇蹄目に分類されるバクの仲間は、東南アジアと北アメリカ大陸および南アメリカ大陸に生息していますが、どの種も生息数は少なく絶滅危惧種に指定されています。
     写真のマレーバク(Malayan Taipir)は、ミャンマー及びマレー半島とスマトラ島の一部に生息しています。バクの仲間の中でも最大種であるマレーバクの成獣は、体長180~250cmで尾長が5~10cmで、体重は250~540Kgもあります。
     バクの仲間は、植物食で川や沼地の近くの熱帯林に生息しています。
     南北アメリカ大陸に生息しているバクは、マレーバクのような毛の色分にはなっていません。
     写真のマレーバクは、ベルギーのアントワープ動物園で撮影されたものです。

    SOURCE:Truus&Zoo

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    malayan tapir



    1. 2016/04/28(木) 13:09:09|
    2. 生物
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コンゴだけに生息する絶滅危惧種のオカピ

     珍獣の一つにあげられるオカピ(Okapia Johnstoni)は、現在では、アフリカ中央部のコンゴにだけ野生種のオカピが生息しています。オカピの大きさは体長190~250cmで体重は200kg~260kgほどあります。オカピの蹄は二つに分れていることから、偶蹄目に分類されており、キリンの近縁という事が分かっています。オカピは、その希少性から絶滅危惧種に指定されています。


    SOURCE:mel Toul,Arthur Chapman
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    16598088850_Mel Toul (800x600)

    3039577087_Arthur Chapman


    1. 2015/11/21(土) 14:49:25|
    2. 生物
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    アメリカ東部やアフリカ東部の浅瀬に住むマナティー

     マナティー(Manatee)は、海牛目の草食の哺乳類で暖かいカリブ海やアマゾン川、そして中央アフリカやアフリカ東部の大西洋に面した浅瀬に生息しています。 マナティーは、水草や海藻を主に食しています。
     現在生息が確認されている地域は、アメリカ東部からカリブ海、キューバ、ハイチ等の中央アメリカ及び南アメリカ大陸北部そして中央アフリカ、アフリカ東部等です。
     マナティーは、アメリカマナティーとアマゾンマナティーとアフリカマナティーの3種類います。
     マナティーの大きさは生息域によって差がありますが、成獣で尾を含む体長は2.8~3.6mで、体重は450~1200㎏です。マナティーの尾ひれはしゃもじ型をしています。特にアマゾン川に棲息するアマゾンマナティーは最も小型です。マナティーは、絶滅危惧種に指定されています。
     画像をクリックすると拡大します。
     写真は、2008年12月にフロリダ州のクリスタル・リバーで撮影されたマナティーです。


    SOURCE:BrianWpic
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    4379617741_79c3bb2fac_o.jpg

    4380368692_6e6afb721b_b.jpg






    1. 2014/11/10(月) 14:30:14|
    2. 生物
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    肉食の有袋類フクロネコ

     フクロネコは、英語名ではクウオール(Quoll)と呼ばれており、ニューギニアとオーストラリアに生息する有袋類の小型肉食獣です。 
     フクロネコは、50種類ほどいるため、体の大きさも様々で体長は12~75㎝、尾長は20~55㎝で体重は数百グラムから大きくなる種では3㎏程になります。
     写真は、比較的体が大きくなる種のタイガークウオール(Tiger Quoll)です。

    SOURCE:Pierre Pouliquin ,Peter Robb

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    68495185_pierre pouliquin (900x492)


    5947713957 peter robb



    1. 2014/07/09(水) 17:33:00|
    2. 生物
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    現在の生息数僅か400頭のアジアライオン

     アジアライオン(Asiatic Lion)は、我が国ではインドライオンとも呼ばれています。アジアライオンは、インド北西部のグジャラート州にあるギル保護区(The Gir Forest National Park of western India)にのみ生息しており、現在の生息数はわずか400頭です。
     アジアライオンの雄の成獣の大きさは、アフリカライオンより少し小型で体長140~195cm、尾長70~85㎝で体重は個体差が大きく120~200kgあります。メスのアジアライオンは、雄よりも一回り小型です。
     アジアライオンは、単独行動を好みまた森林に生息するなどアフリカライオンとは異なる生態です。
     アジアライオンは、絶滅危惧種に指定されています。

    「秘密の世界」へ
     
    SOURCE:Ian Lambert

    人気ブログランキングへ



    Ian Lambert<br />


    Ian Lambert2 (1024x700)




    1. 2014/05/14(水) 13:49:55|
    2. 生物
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    絶滅の危機に瀕しているマルミミゾウ

     アフリカゾウよりも小型のマルミミゾウ(African Forest Elephant)は、アフリカ中部及びアフリカ西部の一部の熱帯雨林に生息しています。マルミミゾウの大きさは、体長400~600cmで尾長は140~160cm、体重は3000~6000kgほどで、アジアゾウよりも小型のゾウです。
     マルミミゾウの多くは、ガボン共和国、コンゴ共和国、カメルーン共和国、中央アフリカに生息していますが、森林伐採による棲息域の減少や密猟の影響もあり、その絶対数は少なく絶滅危惧種に指定されています。
     マルミミゾウは、人間に懐かないアフリカゾウとは異なり、よく懐くことから一部の地域では使役用に飼われています。

    SOURCE:USFWS Headquarters


    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    6987538203_ef2ca91a38_o USFWS Headquarters (1000x667)

    USFWS Headquarters (1000x667)



    1. 2014/03/20(木) 15:37:56|
    2. 生物
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    オーストラリアの珍獣ウォンバット

     オーストラリア大陸とその周辺の一部の島だけに生息する珍獣ウォンバット(Wombat)は、草食で遠い先祖はコアラと共通していると言われている有袋類です。
     ウォンバットは、体長75~110cmに尾長が3~6cmあり、体重は19~33kgあります。
     ウォンバットは飼育環境の中では、20年以上生きるものもいます。ウォンバットの体はずんぐりしていますが、筋肉質で短距離ですと時速40kmのスピードが出ます。
    ウォンバットは、オーストラリアに3種類います。ミナミケバナウォンバット、キタケバナウォンバットそしてヒメウォンバットの3種類で、キタケバナウォンバットのみが絶滅危惧種に指定されています。
     また、ウォンバットを子供の時から飼育すると人に良く馴れます。
     写真は、ヒメウォンバットです。

    SOURCE:Sheba_Also,Aginoth,udo_wom

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    Aginoth.jpg

    334179502_d8f9ae6471_o.jpg

    Sheba_Also _b


    1. 2014/03/02(日) 15:52:50|
    2. 生物
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    絶滅危惧種となっているアフリカのリカオン

     中央アフリカ及び東アフリカそして南アフリカの草原やサバンナに生息しているリカオン(Lycaon)(African wild dog)は、その生息数は8000頭未満と推測されており、絶滅危惧種に指定されています。
     リカオンはイヌ科の肉食獣で、体長は80~112cm、尾長が30~40cmで体重は17~35㎏あります。リカオンの毛の色は、黒色と白色と黄色の毛がまだら模様を描いているのが通常ですが、黒色一色のものもいます。リカオンは、その丸い大きな耳が外見上の特徴となっています。
     リカオンは、集団で行動し、自分の何倍もある大きな草食獣を捕食するときもあります。
     写真は、南アフリカで撮影されたリカオンです。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:Sharon du Plessis

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    9437575091_62def377b2_b Sharon du Plessis

    9440365926_fe786a7595_b Sharon du Plessis












    1. 2014/01/19(日) 15:26:48|
    2. 生物
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    アンデス山脈に自生する珍しい植物モンキーパズルツリー

     アンデス山脈は、南アメリカ大陸の太平洋側の北緯10度から南緯50度まで南北7500km、幅750kmもある巨大な山脈です。
     このアンデス山脈の中のアルゼンチンとチリにまたがった地域である南緯37度から40度付近の標高1000m以上の所に、珍しい植物モンキーパズルツリー(Monky puzzle tree)が自生しています。
     モンキーパズルツリーは、Araucaria araucanaとも呼ばれており、和名ではチリマツと呼ばれています。モンキーパズルツリーは、大きなものでは幹の直径が2m、高さは30mから40mにもなります。ナンヨウスギ科に分類されているモンキーパズルツリーは、絶滅危惧種に指定されています。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:Eifion

    「秘密の世界」へ


    人気ブログランキングへ

    Eifion.jpg

    Eifion 4023446632_7f360846e5_o (1024x683)




    1. 2013/11/03(日) 17:01:07|
    2. 生物
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    次のページ

    shibamatax

    03 | 2017/04 | 05
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search