秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたヤマネコ座の美しい棒渦巻銀河NGC2500

     やまねこ座の方向にある棒渦巻銀河NGC2500は、地球から3000万光年の距離にあります。NGC2500の中心部の周りには、新しい多くの星が活発に形成されています。NGC2500は、我々の住む天の川銀河と同じ棒渦巻銀河です。棒渦巻銀河は一般的で、渦巻き型の銀河の約3分の2は棒渦巻銀河です。
     NGC2500と天の川銀河は、約50個の銀河からなる同じ銀河団に所属しています。
     写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたNGC2500の全体像です。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    potw1728a_0.jpg




    スポンサーサイト
    1. 2018/02/22(木) 17:48:14|
    2. 銀河・宇宙
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    うお座の美しい巨大な楕円銀河NGC474

     うお座の方向にある美しい巨大な楕円銀河NGC474は、地球から1億光年の距離にあり、その差し渡しの大きさは25万光年もある巨大銀河です。
     NGC474は、太古にNGC474の近くを通過した他の複数の小型の銀河の重力による潮汐作用によって、NGC474自身のハローが複雑な形になっていると考えられています。
     写真をクリックすると拡大します.

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    NGC474_CfhtCoelum_1500 b



    1. 2018/02/10(土) 17:43:35|
    2. 銀河・宇宙
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ぎょしゃ座のスパイダー星雲IC417とハエ星雲NGC1931

    ぎょしゃ座の方向にあるスパイダー星雲IC417とハエ星雲NGC1931は、地球から10000光年の距離にあります。写真の左側の大きな星雲がスパイダー星雲で差し渡しの大きさは60光年あります。右側の小さな星雲がハエ星雲で直径は10光年です。
     ※画像クリックで拡大します。


    SOURCE:NASA,ESA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ



    SpiderandFly_Morris_960.jpg




    1. 2018/02/02(金) 12:00:36|
    2. 宇宙・星雲・星団
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた南天のくじゃく座の美しい渦巻銀河NGC6753

     南天のくじゃく座の方向にある美しい渦巻銀河NGC6753は、地球から1億5000万光年の距離にあります。 NGC6753の中心部の周りには、X線望遠鏡で観測すると銀河のコロナがあります。
     NGC6753は、2000年5月に超新星SN2000CJが観測されたことでも知られています。


    SOURCE:NASA,ESA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ



    potw1738a.jpg




    1. 2018/01/28(日) 15:21:12|
    2. 銀河・宇宙
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    南天の魅惑的な姿を見せる大マゼラン雲

     南天の空でひときわ目立つ大マゼラン雲は、天の川銀河の伴銀河(Satellite Galaxy)で、かじき座の中にあります。 大マゼラン雲は、地球から16万光年の距離にあり、長径は15000光年あります。 大マゼラン雲は、多くの星雲を抱えています。写真左下にある大きな星雲はタランチュラ星雲(Tarantula Nebula)で、直径は1000光年あります。この星雲の中では多くの星が生まれています。
     写真は、2017年に特殊なフィルターを使用して撮影された複数枚の画像を合成したものです。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    LMC_RGBNB-Don-Josep5-Cc2048 (1) (820x731)



    1. 2018/01/23(火) 11:57:38|
    2. 銀河・宇宙
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービターが捉えた火星の窪地の断層の様子

     NASAの火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービター(Marsb Reconnaissance Orbiter)(MRO)は、2011年5月7日、火星の南緯56.6度、東経114.1度にある巨大な窪地の斜面の断層を捉えました。
     写真上は、この窪地の全体像で、画像の左右で5㎞の幅があります。写真中央の薄茶色の帯の幅は1kmです。
     写真下は、写真上の帯状部分の北側のズームアップで、断層の様子が良くわかります。この断層の傾斜は、45度から55度と計算されています。
     写真の色は、実際の色とは異なります。画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ




    PIA22078_hires.jpg

    pia22077-1041.jpg






    1. 2018/01/14(日) 18:34:50|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービターが捉えた火星のクレーターで水の流れた跡に疑問

     初めて火星のクレーターで水の流れた跡が発見されたのは、NASAの火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービター(MRO)によって2011年に撮影された火星のニュートン・クレーター(Newton Crater)と名付けられているクレーターの斜面でした。
     その後も火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービターによって撮影された他のクレーターの斜面にも、同様の水の流れた跡が、暖かくなる火星の夏に撮られた画像の中から50箇所以上も発見されています。
     しかし、2017年11月にNASAは、水の流れた跡との発表は、間違いの可能性があり、顆粒状の砂が流れた跡と考える必要があるとの可能性を示唆しました。
     これは、火星で発見された水の流れた跡とされている多くの画像を精査したところ、すべての画像で斜面の傾斜が緩やかになると途端に流れが止まっていることが分かったためです。地球上ではこのようなことは少ないことに加えて火星が極めて乾燥していることから、新たな判断が示されました。
     写真は、MROが捉えた、2011年に火星の南半球にあるチバット・クレーター(Tivat Crater)の斜面です。チバット・クレーターは、直径が3.6kmあり、南緯45.9度、東経9.5度に位置しています。写真の左右の幅は50mです。


    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    PIA22070_hires.jpg





    1. 2018/01/09(火) 17:46:31|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    アポロ17号の月面車と着陸船

     アポロ17号は、1972年12月7日にケネディ宇宙センターから打上げられ、12月11日に月のタウルス・リットロウ(Taurus Littrow)と呼ばれる谷間に着陸しました。ユージン・サーナン(Eugene Cernan)船長とハリソン・シュミット(Harrison Schmitt)飛行士が、月面を約75時間滞在し探査を行いしました。
     アポロ17号による月面の探査では、アポロ計画で最大の110.52Kgの月の岩や土を採取して、地球に持ち帰りました。ユージン・サーナン船長とハリソン・シュミット飛行士は、司令船のロナルド・エヴァンス(Ronald Evans)操縦士と共に12月14日に無事地球に帰還しました。
     写真には、アポロ17号の月面車が手前に大きく、着陸船が画面中央左に小さく一緒に写っています。赤青眼鏡で観ると立体的に見えます。
     画像クリックで写真は拡大します。



    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ


    人気ブログランキングへ



    a17anaglyph_vanMeijgaarden_1024v.jpg



    1. 2017/12/31(日) 16:41:28|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:1

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたさいだん座の惑星状星雲NGC6326

     南天のさいだん座の方向にある惑星状星雲NGC6326は、地球から11000光年の距離にあります。NGC6326の中心部には、最期を迎えた恒星があります。この恒星の外縁部からガスの塊が噴出し、リング状にこの恒星を取り囲んで居ます。
      写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた。NGC6326の全体像です。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA,ESA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    potw1010a_0 ngc6326




    1. 2017/12/23(土) 15:49:03|
    2. 宇宙・星雲・星団
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    地球観測衛星アクアが捉えたカリフォルニア州の巨大な山火事

     NASAの地球観測衛星アクア(Aqua satellite)は、2017年12月12日にロサンゼルスの北西にあるサンタバーバラ(
    Santa Bara)で発生した大規模な山火事を捉えました。
     この巨大な山火事は、The Thomas Fire と名付けられ、撮影時点ですでに10日も燃えています。
     2017年12月12日現在で、この山火事の範囲は、東京23区の面積619㎢ の1.5倍以上の961㎢に達しています。
      The Thomas Fireによる煙が巨大な帯となって、撮影時点ではサンタバーバラ一帯と太平洋上に広がっています。
     約8000荷の消防隊員が鎮火にあったていますが、12月14日現在現在も火は消えていません、。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ



    20171213-calif.jpg

    1. 2017/12/16(土) 17:00:30|
    2. 地球
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    次のページ

    shibamatax

    01 | 2018/02 | 03
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search